元祖塩トマト

熊本県は冬のトマトの
収穫量が日本一で美味しい産地です。

そのなかでも別格の甘さと美味しさが
あるのが塩トマトです。

もともと名の由来が塩害トマトからきてて、
海沿いの畑で風が強い日などに
海水がかかって普通の作物が育ちにくい土地に
小さいトマトがなって初めの頃は処分されていました。

そのトマトをたまたま食べてみると
少し酸味はあるけど糖度が高くて美味しい。
なんとか売ることができないかとなり
今の有名な塩トマトが世に出回りました。

今は熊本県八代地区や全国いろんな土地で
塩トマトが作られていますが、
本当に美味しい地区は不知火の①区画
の5件の農家さん。
その中でも福吉さんの塩トマトは
格別に美味しいです。
出荷の数も少なく取り扱い店も少ないのですが
私の店は昔から取り扱っているので分けていただいてます。
塩トマトの規定が糖度⑧以上となっていて
普通は⑩度前後なんですが福吉さんの塩トマトは
⑫度を越えてくる塩トマト。
いちど味わってみませんか。
そろそろシーズン終わりますよ。